五徳
 

五徳

五徳の種類

五徳には 火鉢用と囲炉裏用がございます。 正確には 風炉用五徳、炉用五徳と申します。 風炉とは夏にお茶をたてる際、畳の上において炭を燃やす火鉢のような焼き物を言います。 炉とはよく茶室の真ん中に見られる、囲炉裏のようなものを言います。

火鉢用の五徳

火鉢用には風炉用の五徳を使います。サイズは、五寸、六寸、七寸 の三種類。
大きな五徳の方が、真ん中に炭を沢山置け、また、炭の火の扱いが楽になります。
なので一般的には、お持ちの火鉢に入れられるなるべく大きなものを選ぶのが一番
扱いやすいことになります。

あとはお持ちの鉄瓶、ケトル、土瓶の大きさに合わせます。 1リットル入りの鉄瓶でしたら、六寸ぐらいが良いと思います。

囲炉裏用の五徳

もしくは 『炉用の五徳』 と言いますが、これは八寸の五徳を言います。
前出の風炉用五徳とちがって、輪になっている部分に欠けがありません。
この八寸の五徳は、完全に囲炉裏用の五徳と思ったほうが良いと思います。
もちろん長火鉢にもちょっと大きすぎます。

 
  五徳の種類  ※下記画像が商品ページにリンクしています。  
  薩摩五徳 虫喰五徳 鋳物の五徳
  薩摩五徳 虫喰い五徳 鋳物の五徳
  一時設計図が行方不明になり、数百年たって京都の寺の床下から見つかった幻の五徳です。
茶道具士 菊地政光作

 8寸:48,000円
 7寸:32,000円

信長が好んだと言われている五徳。灰の上で静かに燃える炭、火鉢の景色を決めるのはこの五徳です。茶道具士 菊地政光作

8寸 : 36,800円
7寸 : 22,800円
6寸 : 16,800円
5寸 : 12,800円


エントリーモデルとしてお勧め。普通の鋳物の五徳で安価ですが、茶道の練習で使われている方もいらっしゃいます。

五徳大は最後の1つ。今後は仕入れること不可能に近い状態です。
鋳物の商社と中国業者の間で問題が発生したため、ただ在庫がないのではなく、輸入自体が不可能なのが現状です。改善の見込み無しなので、いずれ五徳の中、小の順でなくなっていきます。

大:5,400円
中:4,200円
小:3,200円

 

 

 

 
 

五徳ってなに?

五徳は昔、爪が下を向いて置かれていました。平安時代の頃は今とは逆さに置いていたそうです。
つまり丸い輪が上になる置き方です。今の五徳が使われだしたのは室町時代ではないかと言われています。火鉢じたい、中国からきたものなので(全て唐金といって金属でしたが)、五徳の発想も中国が元だと思われます。その後、火鉢より先に普及の進んだ囲炉裏で、五徳のようなものが使われていました。

※ちなみにこの頃の囲炉裏は、灰ではなく土をしいていました。燃やすものも炭ではなく、木です。

五徳が今の形になったのは、安土桃山時代 になってからです。かの千利休さんが「わび茶」の世界を確立し、そのときに今ある五徳、火箸、茶釜(鉄瓶の元となるスタイル)など、現在ある火鉢の道具のスタイルを確立しました。


五徳の下の輪が切れているものは『風炉用五徳』、切れていないものは『炉用五徳』です。

風炉とは、茶道を行うときに使用する茶釜を沸かす火鉢のようなものを風炉釜と言います。その名前を取って、風炉用と言っています。 この風炉釜を使うのは5月〜10月。風炉の季節です。

その風炉用の五徳の特徴は、輪の部分に欠けた部分があることです。風炉用五徳は夏場に使用します。風炉釜は、火鉢のような大きさですが、炭を扱いやすくするために手前の部分がえぐれて居ます。このほうが炭を取り扱いやすいのですが、一方で炭の熱が自分の方にきます。
その炭の火が熱いので、その熱さを防ぐため、炉の中の灰に「前土器(まえかわらけ)」という焼き物の半円のお皿を挿します。すると炭火の熱が立てて挿したお皿のおかげで手前にやってきません。
その「前土器」を挿す時、お皿が五徳の輪にあたってしまいますから、その部分だけ、輪は切れています。お皿をさすための部分がこの欠けた部分ということです。

茶室に最初から掘ってあるものをといいます。炉は家庭にあった囲炉裏に偲びの風情を思い、
千利休がいまの形にしたといいます。
その風炉ですが良く見ると火鉢と同じです。そこで風炉用の五徳は大きさからしても、手あぶり火鉢に丁度よい大きさといえます。手あぶり火鉢をお持ちの方は、輪が切れてる五徳、『風炉用の五徳』をお選びください。もちろん『風炉用の五徳』の大きなものは、囲炉裏でもお使いになれます。輪が切れていると安定性に欠けるとお思いでしょうが、五徳を左右に回しながら灰にグッと据えると落ち着きます。輪が丸い五徳は『炉用の五徳』で、完全に囲炉裏か、大型の火鉢用です。江戸長火鉢や、関西火鉢、更には囲炉裏をお持ちの方は迷わず輪の丸い『炉用五徳』をお選びください。とてもバランスのよい、気持ちのよい景色が出来上がります。

火鉢屋TOP

(c)2008 all rights reserved hibachiya.