長火鉢第五弾

□■■ 欅と黒柿の木で出来た、関東 江戸長火鉢 ページ1 ■■□
火鉢のTOPへ
画像:関東火鉢
拡大写真
【火鉢のサイズ】
幅66cm 奥行き37cm 高さ30cm(32cm)
炉の部分:幅43cm 奥行き31cm 深さ14cm
■こちらは、大正頃〜昭和初期頃に作られたものだと思います。本体は欅(けやき)の木で、非常に良い色をしています。 上辺の枠の黒い部分は黒柿という木です。江戸火鉢には珍しいコントラストです。


■特徴その1
今まで炭の屋で扱ってきた長火鉢と比べると、小型です。小ぶりな長火鉢を探してる方には、中々ない大きさです。この大きさですと、長火鉢でありながら、分類的には豆火鉢になるという、珍しい大きさです。

これなら広くないお部屋にも置けます。

■大正〜昭和 ケヤキと黒柿の時代物 とても綺麗な江戸火鉢
売約済み
価格 \62,000 梱包手数料+送料 別途\1,000 (離島は \3,000)
 
画像:関東火鉢
拡大写真
■これは右斜め前から見た絵です。関東火鉢の醍醐味というか、かっこいいところは、やはりこの『ネコ板』と呼ばれる、簡単な台になったところと、引き出しのあるところでしょうか。江戸火鉢と言われるだけあって、粋な感じがいたします。

■今でこそ関東にも関西火鉢を見ますが、昭和の初期ころまでは、本当に関東で関西火鉢を見ることはなかったと聞きます。 

■特徴その2
このあとじっくりお見せいたしますが、この火鉢の特徴はネコ板のところの『からくり』にあります。いままでいろいろな火鉢を見ましたが、‘ここがこうなっている’物は、はじめてみました。
   
画像:関東火鉢
拡大写真

■さらに角度をかえて見ました。  角の木が組み合わさっているところは、ほぞ組みと言い、釘を使わないで、しかもよりしっかり造ることが出来ます。なお、それなりの職人さんなら今でも出来ますが、とても手間がかかるため価格もたかくなってしまい、よって今の職人さんは造らなくなってしました。

■このほぞ組みが、味があって良いのです。火鉢に火を入れないときは、天板をのせて、テーブルのようにして使っています。強化ガラスをのせて使われる方もいらっしゃいますね。

   
画像:関東火鉢
■拡大写真
■真横です。 とってもしっかりしています。ぐらつきなし!■2ページ目へ。

2ページ目へ
3ページ目へ
4ページ目へ
5ページ目へ

■ 火鉢のTOPページへ ■

 


(c)2004 all rights reserved hibachiya.

メールする